2016年2月8日

ダイレクトメールの良さや使い勝手

ダイレクトメールは大変便利なシステムです。友達同士楽に会話が楽しめますし、いろいろ便利です。ツイッター等にもメールがついていてホローしあうとダイレクトメールが送れるようになっているのですが広告に使ったりする人もいてその用途は様々です。広告に使う場合は使用頻度を少なくしないといけない決まりがあるようですが、そういった節度を守って使用してゆけばとても便利なものとなります。我々はあまり頻繁にダイレクトメールを繰ることはない感じですが、ネット関係のビジネスをしている方は多く使用するみたいです。人それぞれいろいろな使い方があってもいいとは感じますが、もらう人と送る人のニーズがマッチしていればそれはよいものとなると確信しています。そういったメールによって素晴らしいご縁が広がってゆけば素晴らしいと考えています。

ダイレクトメールの魅力について。

近年、ダイレクトメールが注目されています。特に企業であれば、利益を上げ続ける必要があります。しかし、それも大変な時代です。努力しても売り上げが伸びないこともあります。そういった場合、ダイレクトメールは力強い存在になってくれます。商品の良さやセールを開催する日など、しっかりお客さんに伝えることができます。興味をもったお客さんが商品を買ってくれることにも繋がりますし、可能性は無限大です。基本的にダイレクトメールは、封筒に入っているタイプとはがきタイプなど、状況次第で決めることができます。このように便利であり、幅広くアピールすることができます。注意点としては、いくらアピールしたいものがあったとしても、相手によっては迷惑と感じることがあります。そうなると逆効果となってしまいます。できるだけ頻度を考えて行うのが理想といえます。

もらってうれしいダイレクトメール

電子メールやLAINが全盛期の昨今ですが、意外にももらってうれしく感じる物のひとつとして、最近感じた方も多いのではないでしょうか、年賀状それとダイレクトメールが挙げられます。やっぱり手書きのコメントに温かさが感じられますし、チョイスしたイラストや写真もその人らしさが表れます。ダイレクトメールに関しても、同じ商業的な勧誘手段だとしても、無造作に配信メールで案内されるそれより、手間暇が感じられ、行ってみようかなと心が動かされる割合は、断然ダイレクトメールの方が大きいのではないでしょうか。ハガキや同封するチラシをデザインして、人数分のお得意様の宛名シールに住所と名前を印刷して発送するのは、やっぱり手間がかかります。一斉配信の方が楽です。でもそのひと手間という労力がお客様の心を打ち、心に響くから不思議です。

印刷のみ・発送業務のみのご依頼も承っております。 現在のDMのコストやシステムに満足していますか?お客様の現状の確認、見直し、提案も行っています。 お客様のご要望に合わせて、DMのコスト削減や印刷納期の短縮も実現致します。 中小ロットに特化、徹底的にコストカットを行います。 ただのDM発送代行業者ではありません。印刷~発送まではもちろん、印刷のみ、作業のみもお任せください。 ダイレクトメールが必要なときはこちらへ